Only light can…

Posted on Posted in 憂い

極東の平和な某国では、首相が給付金を受け取るか受け取らないかなどという至極どうでもいいことを一生懸命に議論しているそうだが、世界の関心事は、経済、そして、ガザの紛争だ。

イスラエルとパレスチナの終わりのない暴力の連鎖を見るにつけ、思い出さずにはいられない言葉がある。1960年代のアメリカで、非暴力を以って人種差別と戦った、キング牧師の言葉だ。

“Darkness cannot drive out darkness; only light can do that. Hate cannot drive out hate; only love can do that.” Martin Luther King, Jr.

「闇が闇を消し去ることはできない。それができるのは光だけだ。憎しみが憎しみを消し去ることはできない。それができるのは愛だけだ。」 マーティン・ルーサー・キング・ジュニア

僕がこの言葉を知ったのは、ニューオリンズを旅行したときのことだ。墓地の壁にあった殴り書きがふと目に留まり、レシートの裏に書き留めた。旅行から帰ったあと、インターネットで調べて、これがキング牧師の言葉である事を知った。

親や子供を殺され、憎悪の塊になった人たちに、「愛で憎しみを克服しなさい」などと説教しても、ただ虚ろに聞こえるだけなのかもしれない。しかしキングは、政府の妨害を受け、自身が投獄されながらも、”I have a dream”と説いて非暴力抵抗運動を続け、遂には黒人の人権を勝ち取ったのだ。理想は理想でしかないのだけれども、きっと辛抱強く理想を持ち続けることが、理想を実現するための唯一の方法なのだと思う。

“You may say I’m a dreamer, but I’m not the only one. I hope some day you’ll join us, and the world will live as one.” John Lennon

君は、僕がただ夢を見ているだけだと言うかもしれない
だけど夢を見ているのは僕ひとりじゃない。
いつか君も、同じ夢を見てくれたらいいな、
そしたら、世界はひとつになるんだ。
ジョン・レノン

4 thoughts on “Only light can…

  1. 実は僕も、中学生くらいの頃にJFKやMartin Luther King Jr.牧師の演説の魅力に惹かれて以来、暇があると綺麗な演説を探したりしています。Japanでは「雄弁術」というとネガティブなイメージで短絡的に片付けられてしまいがちです。「男=寡黙たるべし」みたいな伝統的な価値観の名残からか、話す力を鍛えるような教育がほとんど現場で施されていないようにも思います(僕が今まで見て来たことを一般化することはできないことは分かっていますが、、、)。たしかに、中身がないくせに何かを誇張して自己アピールに専念することがもし美徳として罷り通れば、それは一日本人として絶対に嫌ですが、一方で自分の理念や経験を上手に他者に伝える力が必要不可欠であることも事実だと思います。また、かつてフランシス・ベーコンは「人間は書く事によって自分が考えていることを初めて真に理解する」と言いましたが、優れた演説ができる人は大抵自分自身で原稿を書き上げます(ゴーストライターによる細かいチェックはもちろんありますが、、、)。つまり話す力は、考えを体系的にまとめて書く力と密接に関わっていると思います。例えば緒野さんのように文章が綺麗に、簡潔に書ける人の場合、話を聴いても分かりやすく説得力があるように思います(もちろん、所詮人間は人間なので、例外はたくさんありますが、、、)。

    あと、アメリカは国際競争において優位に立つためにあえて人種(人材)の多様性の獲得を推進しているのだと思っていますが、いわゆる「人種の坩堝」と呼ばれる複雑な社会においては、複数の人々が共通の理念や目標に向かって連帯するために、異なる宗教観や政治的価値観などを乗り越えて他者を納得させる力が必要不可欠なのだと思います。このことこそが、日本社会とアメリカ社会における「雄弁術」に対するイメージの相違を引き起こしているのかもしれません。あくまで推測ですが、、、

    Obama大統領のinauguration speechが楽しみですね!彼が綺麗で力強い演説を人類史に刻んでくれることを願って止みません。アメリカがもたらした金融危機やイラク戦争の重大な責任を考えると、JFKやKing牧師の有名な演説のように、アメリカの崇高な理念を文学調で抽象的に表現することはもはや非現実的だとは思いますが、具体的で説得力のある演説になってくれるといいなと思います!

    もし聴いたことがなかったら、時間のある時にKing牧師やJFK,RFKの演説をフルで聴いてみて下さい!
    ・Maritn Luther King.Jr “I Have A Dream”
    http://jp.youtube.com/watch?v=PbUtL_0vAJk
    ・John F.Kennedy’s Inauguration Speech in 1961
    http://jp.youtube.com/watch?v=xE0iPY7XGBo
    http://jp.youtube.com/watch?v=3s6U8GActdQ&feature=related
    ・RFK “Mindless Menace of Viloence”
    http://jp.youtube.com/watch?v=0_Vll-t0H6A

  2. コメントありがとう。俺は去年の大統領選のキャンペーンで、オバマのスピーチを何度かリアルタイムで聞いて以来、スピーチの持つ力を実感して、紹介してくれたJFKやMLKのスピーチを聞いたりしたよ。

    >(日本では)話す力を鍛えるような教育がほとんど現場で施されていないようにも思います
    単に文化の問題だと思う。塩野七海の記述を受け売りすれば、古代ローマの時代から、レトリックは教育の一部だった。とはいえ、良くも悪くも現代の世界では欧米の価値観(=ローマの価値観の末裔)がドミナントだから、日本が生き残るには、文句を言わずに現実を受け入れて、レトリック、プレゼンテーション、ライティング、そういう教育をしていくべきだよね。

    オバマの就任演説、楽しみだね。反米のキューバでも「ブッシュは嫌いだがオバマは好きだ」という人がいた。オバマには世界が期待している。きっと、世界はよくなると信じたいね。

  3. あーあと、

    >「人間は書く事によって自分が考えていることを初めて真に理解する」

    これ、同感です。面白いよね。人間の思考とは、脳と文字とのインタラクションによって形作られる。人間は、自分の身体に属さない物も、思考のためのデバイスとして使っているんだね。人間が道具によってその機能を拡張したのは、フィジカルな領域だけではない、ということだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です