シルク・ド・ソレイユ/Go Red Sox!!!

Posted on Posted in 日々徒然

Cirque du soleil (シルク・ド・ソレイユ)、直訳すれば「太陽のサーカス」。カナダの中にあってフランス語圏であるモントリオールで生まれた、とってもお洒落なサーカスです。ツアーがボストンに来ていたので、観て参りました。

Cirque du Soleil

瞬きひとつする間もなく終わった2時間でした。思わず息を呑んでしまうスリリングなサーカスの技術はもちろんのこと、ストーリー仕立ての構成、生演奏の音楽、ポップでカラフルな衣装、シンプルなステージを七色に染める幻想的な照明。テントの中に完全なひとつの世界が作り上げられています。スリルとスリルの合間に挟まれるコメディーも見事。もはや単なるサーカスではなく、芸術であり、総合エンターテイメントです。

折りしもつい最近、東京ディズニーリゾートで常設公演が始まったそうです。一見の価値あり、どころか、見なくては損!機会があれば是非観にいって下さい!

ところでこの日はボストン・レッドソックスのプレーオフ第5戦がありました。ここまでレッドソックスは1勝3敗で、もう後がない。そんな試合でチームの命運を託されたのが、我らが松坂大輔!!サーカス中は忘れていたけれども、ひとたびテントを出れば試合の行方が気になって仕方ありませんでした。

我慢できずに電話で友達に聞くと、「松坂がボコボコに打たれ、5点差で負けている」とのこと。これにはすっかり意気消沈。地下鉄の中では、「今シーズンも終わってしまったね」などと肩を落としていました。

ところがどっこい、部屋に帰るとルームメイトが「同点に追いついた」などと騒いでいます。半信半疑でテレビを覗けば、9回裏で7対7!そして飛び出したDrewのサヨナラ・タイムリー!!!うごぉぉぉーーーーー!!!!!きたーーーーーー!!!!全ボストンが大絶叫!!!神がかっているぞ、レッドソックス!!!!!

そしてその勢いで第6戦でもレイズを撃破し、ついに3勝3敗のタイに持ち込みました!明日が勝負の第7戦、気合を入れて応援します!!

アメリカという国は非常にエンターテイメントが充実しています。一年を通して何かしらプロスポーツが盛り上がっているし、ミュージカルやコンサートもレベルが高くて敷居が低い。

とりわけボストンは恵まれています。街が小さいから全てが地理的に凝縮されている。レッドソックスの本拠地・Fenway Park、バスケとアイスホッケーが行われるBanknorth Garden、ミュージカルのツアーがやって来るColonial TheatreとOpera House、ボストン交響楽団のシンフォニーホール、すべて僕の家から徒歩圏内です。しかも世界のエンターテイメントの中心・ニューヨークまでもバスで4時間!

いくら勉強のための留学とはいえ、こんな恵まれた場所に住んでいるのに部屋に篭って勉強だけしていたのでは損。ナイアガラに行って滝を見ずに帰るようなもの。これからもあれやに首を突っ込んで、芸の肥やし(?)にしていこうと思います。

振り返ってみれば、東京だって非常にエンターテイメントに恵まれた街であると思います。ただ、スポーツは別として、ショーに関して言えば、舶来のものを何でもかんでも仰々しく祭り上げる日本人の悪癖か、何事も敷居が高い。単にチケットの値段が高いだけではなく、不必要に堅苦しい。

今年の夏に帰国したときに初めて帝国劇場にミュージカルを観にいったのですが、観客のリアクションの少なさに驚きました。道化役がジョークを言っているのに、客席は静まりかえっている。どうしたものかと周りを見れば、洒落た服を着飾ったおばちゃんたちが背筋を硬直させて真剣にステージに見入っている。天皇に謁見するわけじゃあるまいし、ジーンズにセーターで映画を観る感覚で楽しめばいいのに。なぜ大衆文化であるはずのエンターテイメントを、上流階級たる資格試験にする必要があるのでしょうか。

僕も東京にいたときは、そんな堅苦しさを敬遠して、ミュージカルやコンサートに行ったことは全くありませんでした。エンターテイメントの純粋な楽しみ方を知ったことも、アメリカに住んだ収穫のひとつであると思います。

阪神、勝ってくれーーー!!

[追記:10/20] 昨晩、レッドソックスがレイズに負けて、ALCS (アメリカン・リーグ・チャンピオンシップ・シリーズ)敗退決定…。そして今朝起きたら、阪神が中日に負けてCS敗退決定。野球厄日だーーー。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です